BLOG ブログ・コラム

2017.07.02落葉樹と常緑樹

落葉樹と常緑樹

いよいよ暑い夏がやってきましたね。
ちょっと木陰で一休みなんて経験、みなさんあるのではないでしょうか。
以前、植栽によって平面だけではなく、
立体的な『空間』のデザインが生まれるという事はお話ししましたが、
今回は、その空間に対して最も効果的な樹木に関してお話ししたいと思います。

「落葉樹」と「常緑樹」の違い

落葉樹は、春に萌芽して出た新芽が1年未満で落葉し、次の葉が伸長するまで全く葉を付けない状態になります。一般的に夏期に葉の緑や花を、冬の低温期に落葉した後の枝ぶりを楽しめます。

常緑樹は、冬期になってもすべて落葉せず、年間を通じて葉を付けます。新葉が出る時期に集中して、あるいは長期間にわたって落葉するため、葉が交代するのが目立ちません。

樹木を庭木に取り入れる事により、四季を通じて心地よく暮らす事が出来ます。
葉が紅葉する落葉樹

落葉樹の庭木としての役割は、夏の暑い時期に日よけになり、寒い冬には葉を落とし、温かい日差しをたっぷりと採り入れます。

当店で使用する代表的な落葉樹は、アオダモ・イロハモミジ・マルバノキ・ハナミズキ等、葉の形も様々で紅葉も黄・橙・赤と変化を楽しめる樹木が多いです。
一年中緑の常緑樹

常緑樹の庭木としての役割は、敷地の境界に沿って植栽され、主木や背景としたり、隣地との目隠し等に用いられます。また、北側の樹木は、冬の季節風を防ぎます。

当店で使用する代表的な常緑樹は、シマトネリコ・ソヨゴ・ハイノキ等、洋風ガーデンに合うオリーブや、常緑のヤマボウシもあり、和洋どちらの建物にも合う樹木も多数あります。

ちなみに、常緑樹は落葉しないわけではなく、葉の寿命は短いのもので1年数ヶ月、長いものでは5年以上になります。毎年新葉が展開して古いものから落葉していくので、掃除も必要になりますよ。
暑い日が続きますが、樹木は木陰や冷気を作ってくれます。
お客様の好みや建物に合わせて植栽を取り入れ、
四季を楽しむお庭を一緒に造りましょう。

一覧ページへ戻る

TOP