BLOG ブログ・コラム

2017.09.12夏疲れで弱った私の体メンテナンス

夏疲れで弱った私の体メンテナンス

夏の間に浴びる紫外線や、強力な日焼け止めの重ね塗りなどがお肌にダメージを与えています。

また、暑い屋外と冷房の効いた室内といった温度差の大きい場所を行き来していると

冷え症や不調を起こしやすくなります。

暑いときはシャワーで十分だと思っていませんか?

体の疲れを取るには湯船にゆっくり浸かることが大切です。

夏のダメージで弱った体をお風呂でしっかりケアしましょう!

■浮力による『リラックス効果』٩( ´ᆺ`)۶■

お風呂の中では浮力によって体重が約10分の1。日常の体の重さから解放されるため、心身ともにリラックスできます。


■体を温めて『新陳代謝アップ』٩(๑`^´๑)۶■

お風呂の中でじんわり体を温め、汗をかくことによって新陳代謝が高まり、老廃物や疲労物質が早く体の外へ排出されます。


■天然マッサージ効果で『疲労回復』(๑˃̵ᴗ˂̵)و ■

お湯につかると、皮膚の表面に空気よりも重たい水の圧力(水圧)がかかり、マッサージと同じ効果が得られます。

" 湯温は 38~40℃の「ぬるめ」がオススメ ”

湯加減の好みは人それぞれですが、筋肉疲労の回復を目的とした入浴なら、
湯温は副交感神経が優位になる「ぬるめ」に設定しましょう。

入浴中と入浴後に水を飲むと効果的です。
■眼精疲労に効果的『冷温湿布』

湯船につかっている間、タオルをお湯か水につけて絞り30秒ほど目にあてると

目の周りの神経・筋肉が刺激され眼精疲労に効果的です。

そして入浴後はテレビなどを観ずに、目を使わないで早めに寝るように

しましょう。

一覧ページへ戻る

TOP