BLOG ブログ・コラム

2018.06.29暑い夜の快眠・安眠のコツ

暑い夜の快眠・安眠のコツ

あつ~いッ!

毎日暑い日が続いています・・・
昼の厚さで身体が疲れている上に、夜に気温が下がらず寝苦しさが続く熱帯夜。
安眠を確保して、これから来るであろう本番の夏に備えて万全の体調を心掛けましょう

【入浴・運動】

◆キホンは、じんわり体温を上げ、じんわり下げていくこと。

◆入浴は、就寝1時間前を目安に38~39度のお湯に15~20分。
 身体を温めじんわりと体温が下がり、安眠へ導きます。
【アイデアひんやりグッズを活用】

◆買い物でもらう保冷剤やペットボトル氷のうなどをタオルで巻いてひんやり~

◆竹シーツ、桐すのこマットレス、寝ござ、井草まくらなどの通気性の高い素材、また涼感シーツなどの寝具なども組み合わせて。
【五感からリラックス】

アロマでリラックス
   ポット、ディフューザー、エッセンシャルオイルなどアロマを
   活用しましょう。
   自分に合った香りを選んで。

ハッカ油スプレーでリフレッシュ
   薬局で売っているハッカ油をスプレーボトルに入れ扇風機に
   吹き付けたり、普段使いにも便利

耳から涼をとる
   風鈴、リラクゼーションミュージックで耳から清涼感を
   得ましょう。

間接照明と上手に付き合う
   寝る1時間前くらいからほの暗くしておくと、ゆっくり体が
   リラックスして安眠しやくすくなります。
【食生活】

シジミやマグロ、豚肉やレバーなど精神の働きを調えるビタミンB群を多く含む食材を野菜と組み合わせて♪

イワシやアジなどの青魚の「DHA」はレム睡眠を良質化♪

レタス、生の玉ネギやネギに含まれる「硫化アリル」には安眠作用♪

セロリ、ミツバなどの香りには鎮静効果も♪

納豆には、リラックス作用がある大豆ペプチド、精神安定に作用するメチオニン、睡眠物質を作るトリプトファンなど睡眠のための栄養素がぎっしり♪
夏の寝苦しい夜には扇風機やクーラーを上手に使うことも快眠のために有効な手段です。

睡眠は私たち人間にとって大事なもので、良質な睡眠を取れるかどうかで健康状態も変わってきます。

湯船に浸かったり、グッズを活用したり、しっかりご飯を食べたり。

いくつもの方法を組み合わせて快適な睡眠を手に入れ、翌朝しっかり起きたら1日また頑張りましょう!

一覧ページへ戻る

TOP