BLOG ブログ・コラム

2018.10.02『外壁・屋根 トータル塗装』

『外壁・屋根 トータル塗装』

紫外線が強かった今年の夏、その後にくる台風。

自然環境が発生させる刺激やダメージによって、塗装(塗装の膜)が少しずつ削れてしまっています。

外壁塗装自体、薄い数mm程度の厚さしかないので耐久度が無くなっていき・・・

塗装膜が少しずつ削れていき粉状になってしまっている状態では紫外線・雨水等が防げなくなり、ヒビ割れなどの劣化を引き起こしやすくなります。

つまり雨水も建物内部に侵入しやすくなっているので藻・カビ・コケの繁殖・・・

・塗装が必要な劣化症状が出ている
・築年数が10年以上経っている


というお家は一度チェックを!

空気が乾燥してくる今の時期にも塗装はオススメ!一度ご相談下さい。
S様のガーデンリフォーム施工例はこちらから↓
http://www.alphatec-jp.co.jp/work/29/229

一覧ページへ戻る

TOP