BLOG ブログ・コラム

2016.09.07植栽は風景をつくります。

植栽は風景をつくります。

いろいろと悩んでやっと立てた一戸建て。
そのまま何もしない建物と緑を加えた建物。
何もしないかった冷たい構造物の印象が、
徐々に温かみのある風景へと変わっていきます・・・

「ガーデニングは苦手だし、スペースに余裕もないしなぁ・・・( ̄  ̄;) 」

でも落葉樹は季節を感じることが出来、1年中緑が楽しめる常緑樹は緑色の優しい目隠し。
シンボルツリーを1本。そして高さが異なるツリーを植えるだけ。
それだけでも見栄えがグッと変わります。
なにより住まいがとても柔らかい印象に♪
住まいに外構を考えた始めたら、

まずは、ポストと表札が必要になります。
そして、玄関までのアプローチを考えます。

これで充分・・・。
でも、さっぱりしすぎて味気ない!?

ここまできたら、もうひと味プラス!
緑のスペースを入れてみませんか?

門の廻りに少しの花壇スペースと少しの芝生。
これくらいのスペースなら、なんとか手入れできるかも。
花壇は宿根草を植えてみてもOK!

お客様をお迎えするアプローチがグッと明るくなりました。
それだけでなく住まいも明るく素敵に見えます。

ここで、植栽が入ることでまったく印象の違うファサードに!
今までなかった『空間』が生まれました。

植栽によって平面だけでなく、立体的な『空間』のデザインにも成功。

住宅そのものの価値が上がったように感じられませんか?


さらに、空間としてのデザインを求めたとき、
高さのあるウォールをバランスよく配置してみると、そこに『奥行き感』もプラスされ立体的に住まいとの一体感を引き立たせてくれます。
夜のファサードも演出したい方にはライティングプランもご提案致します。

ナイトシーンも考えたトータルプラン。

昼とはちがう表情がとても素敵です。
住まいの価値を高める光が、我が家をやさしく包んでくれます。
印象の違いをご覧いただきたくて、ついナイトシーンまで入れてしまいましたが、
植栽が入る前と後の違いはいかがでしたか?

お客様の暮らしが植栽によって、癒されたり、季節を感じられたり、安心感を得られたり、住まいを価値をあげられたり・・・。
そんなご提案を常に考えております。

「植栽までやるかどうかわからないけど、とりあえず提案してみて」というご要望も大歓迎です☆^∇゜)

一覧ページへ戻る

TOP