WORK 施工事例

2016.01.23セミクローズ南欧風スタイル外構

<施工後>
緑が感じられるお庭で、安心・安全に家族がのびのびと暮らし、遊べるセミクローズ外構
壬生町 I様邸
<施工前>
■お客様のご要望■

建物とのバランスを取りつつも単調にならないよう、デザインに工夫がされたセミクローズ外構をご希望。また機能面においては、駐車スペースを常時止める2台分とゲスト用の1台を確保して欲しいとの事でした。
<施工後>
■プランニング時のコンセプト■

前面道路が狭く通りも激しいので、お子様の安全面を考慮したセミクローズスタイルを採用。
南入りの外構プランである事から、アプローチ・お庭・駐車スペースが全て南側になってしまう為、全体的に植栽を配置し統一感を持たせました。
アプローチが単純にならないよう、あえて門正面に配置したシンボルツリーがファサードとガーデンの一体感を演出します。ロートアイアン門扉とフェンスの美しいラインに、滑らかな曲線の塗り壁を合わせました。
<アプローチ>

南欧風な住宅に合わせた色鮮やかな自然石を採用。
<駐車スペース>

カーポートは常時止める2台分。アップゲートの手前には広々としたスペースを設け、急な訪問の際でもアップゲートをわざわざ開ける事なく、安心してお客様をお招きできます。
<門周り>

建物の雰囲気に合わせたロートアイアン門扉を採用。
重いイメージになりがちな塗り壁は滑らかな曲線にし、ロートアイアンフェンスと木調のスリットを設ける事で、優しくお客様を出迎えてくれます。
<ガーデン>

お庭を囲むように植栽を配置し、アプローチと隣接しながらもお子様と楽しく遊べるスペースを確保しました。
<サブアプローチ>

お庭を経由する為、浸透性のあるインターロッキングを採用。サブ門柱と同じ曲線にすることで、駐車スペースから玄関までを自然に誘導してくれます。
<シンボルツリー>

あえて門正面に配置し、ファサードとガーデンの一体感を演出しました。サブ門柱がシンボルツリーのキャンバスようになり、植栽の緑をより一層際立たせてくれます。
<植栽スペース>

お庭を広く使用する為、門周りは道路際に配置。花壇は欲しいが、手入れが煩らわしくならないようにとのご要望から、駐車出入り口部分にコンパクトにまとめました。
白い塗り壁がキャンバスとなり、お花がより華やかな印象になります。

TOP