WORK 施工事例

2018.02.17『繋がりのある 庭リフォーム』

建売物件の庭を、使いやすい・過ごしやすい・美しい庭へ。

小山市 O様邸
<施工前>
■お客様のご要望■

建売物件をご購入。

しかし、リビングの前はすぐ芝生となり「ウチ」「ソト」は別もの。
さらに「ソト」には生垣が植えられ「庭」「駐車スペース」は別ものとなっている現状がありました。

リビングからお庭への動線確保と、庭を分断している生垣を移植し、広々としたお庭ながらもプライベート感がある、お子様が自由に遊べる空間にしたいとの事でした。
<施工後>
■プランニング時のコンセプト■

緑好きのご夫婦。
リビング前・テラススペース付近に植栽をご提案し、常に緑を愉しみながら過ごせるお庭にしました。

また、お子様が自由にリビングとお庭を行き来出来るように。
そして、安全に遊び・ゆっくり休むスペースが欲しいとの事。
広々と設けたウッドデッキの前面には、安全を考慮しステップを設置し、インターロッキングテラスもご提案し、それぞれの使い方が出来る空間に仕上げました。
<ウッドデッキ>

リビング開口部には間口の広いウッドデッキをご提案。
リビングとの高さを同じにし、床材の方向も揃える事で、まるでリビングを延長したかのようなウッドデッキに。

さらに前面にはご夫婦こだわりの段床を設置。
ウチ(リビング)からソト(庭)へのアクセスがし易くなりました。
<インターロッキングテラス>

TOYO工業 プラーガストーン
インターロッキングでありながら石貼りを感じさせるデザイン

透水性がある為、水も溜まりにくく、プールを置いて遊んでもOK。
また、水を散布すると固まる専用の目地材を使用しする事で、目地砂が風などで飛ばされてしまう事もなくなります。
<庭全体>

インターロッキングのテラススペースでバーベキューをし、デッキスペースではテーブルとイスを設け、ゆっくりとした家族の時間を楽しめるようになりました。

TOP