WORK 施工事例

2018.03.06駐車場拡張~スッキリ編~

お子様が成人されたので駐車場拡張をご希望でした。
お子様の遊び場としても広いスペースを使っていたお庭空間。
しかし成長という家族の変化に伴い、お庭もスッキリと使いやすく変化させました。
小山市 T様邸
<施工前>
■お客様のご要望■

当初はお庭スペースを広く計画し、車は2台分しか駐車スペースを確保していませんでした。

お子様の成人に伴い、思い切ってお庭を切下げ駐車スペースを広くしたいとのご要望でした。
<施工後>

施工前はご自宅の高低差があるものの階段ではなくスロープのアプローチでお庭が広々としていましたが、施工後は玄関ポーチ階段を増設。

アプローチを駐車場としてもご利用できるよう全面コンクリートでご提案しました。

駐車スペースが広がりスッキリとした印象に。

使い勝手が良くなったとのお言葉を頂きました。
駐車スペースを広くする際、リビング前の玄関ポーチタイルまでが1m50cmありデットスペースとなってしまう空間が出来ました。

奥様から「洗濯物が多くてバルコニーだけでは納まらず室内干しをしている」とお聞きしましたので、サンルームの設置で敷地を最大限に活用できるようご提案しました。

「雨の日も心配せず干しておけるので重宝しています」とのお言葉を頂戴し、大変お喜びいただきました。
<駐車スペース>

西側にはワンボックスカーが入るため、5mの奥行をギリギリ確保できました。

東側についても軽自動車を駐車されるという事から、4.5mと軽自動車ギリギリの奥行とし、サンルームスペースを可能な限り残せるよう設計しました。

門柱も駐車した際、動線を妨げないようスリムかつシンプルなデザインでスッキリと。

また全体的に駐車寸法がギリギリで土留めブロックに衝突するのを防ぐために車止めを設置。

玄関ポーチ前はアプローチを兼ねているので避けた位置にひとつだけ設けました。
20cmの高低差も駐車スペースを出来るだけ残せるよう階段2段増設し、駐車場の有効寸法を出来るだけ確保しました。

全面コンクリートになるので、ポーチタイル・土留めブロック前には草目地をご提案。

無機質なコンクリートの中に少し草目地が入るだけでも柔らかい印象の駐車場になりました。
<駐車スペース東側>

駐輪スペースがもともと東側、物置が西側にありデッドスペースが多くありました。

物置と駐輪スペースを東側にまとめ出来るだけ無駄なスペースをカット。

物置の奥にはスロープを設け、東の家屋隣接部に駐輪できるようにレイアウトしました。

また物置の位置も駐車の際、駐輪の際を想定し何度もお施主様と打ち合わせをし決定。

無駄なスペースをなくし敷地を有効に活用できるようになりました。

TOP