WORK 施工事例

2015.12.27内装ファブリックとライティングリフォームであったかナチュラルLDK

<施工後>
<施工前>
■お客様のご要望■

木造枠組工法 築25年

数年前から何度もやろうと思いながら、なかなか思い切りがつかなったLDK改装工事。
全体的にクロスも色褪せ、照明はシーリングとペンダント照明を使っていました。どこか冷たく殺風景な印象になってしまったLDKを、もっと明るく心地良く過ごしたい!とのご要望でした。
<施工後>
■プランニング時のコンセプト■

リフォーム工事でのストレス軽減を考えた結果、大規模な改修プランではなく、素材やパターンに留意した効果的なリフォーム内容にしました。

印象としてはとても暖かで温和な人柄のご夫婦や、離れて暮らしていてもコミュニケーション良く行き来をする娘さんご家族とのお話を聞き、暖かでナチュラルなインテリアに出来るよう、照明のご提案に留意しました。電球色のLED調光ダウンライトをリビングに配置し、決して明るすぎない暖かな雰囲気の演出をしました。
また、内装クロスも明かりとのバランスを考え、天井にはややストライプが強いビット柄のクロスを選択し、陰影を楽しめるよう考慮しました。カーテンとシェードにはリーフ柄を選び、ロールスクリーンもライトグリーンを選択。木製ブラインドとのバランスを取り、インテリアにグリーンのテイストを取り入れました。
<リビング・キッチン・パソコンデスク周り>

天井クロス サンゲツ77-545

上部に吊戸を設けずにオープンなキッチンを演出し、明るく開放感のあるデザインへ。背面にしっかりキャビネットを設けることで収納と使い勝手をアップしました。
もともとあった家具収納は処分をし集成材で造作棚を作り、普段はライムグリーンのロールスクリーンですっきりとした納まりに。木製のブラインドがデスク廻りをやさしい印象にします。
<リビングダウンライト>

テレビの上部にもダウンライトを設置。周辺に比べテレビまわりを明るくすることでとても見やすくなりました。
当初は必要なのか?とお考えだったお施主様も、施工後は驚きの効果で大変喜んでいただきました。
<物干し掛け>

リビング天井には着脱式の物干し掛けを設置。
見た目だけでなく実用性も重視!これもリフォームならでは!
<リビングカーテン>

リビング南西出窓部分にはシェードカーテンを採用。遮光1級カーテンの性能は抜群の為、南面リビングに冬場の強すぎる日差しを遮り、過ごし易くするだけでなく、厚手の生地で断熱性もアップ。あったかナチュラルリビングには必需品です。

TOP