BLOG ブログ・コラム

2018.02.12冬の庭の楽しみ方②

冬の庭の楽しみ方②

今年も雪が降り積もり、庭が一面真っ白になりました。
まだまだ冬は長いので、また降るかもしれませんね。

前回、冬の花壇に人気のパンジー・ビオラについてお話ししましたが、
その他に寒さに強い草花は何か、今回の積雪を乗り切ったものを中心にお話ししたいと思います。

花物 ※左上より時計回り

<ストック>
日当たりの良い場所を好む為、半日影の場所では、花は咲いているものの茎がひょろひょろになってきています。

<イベリス>
加湿に弱いとされますが、基本的には丈夫です。

<ガーデンシクラメン>
今回の雪で、花の元気は少し弱まりましたが、次々と蕾が出てきています。

<プリムラ>
終わった花がらをまめに摘み取ると、たくさんの花が開花します。
葉物 ※左より

<ハボタン>
日当たりの良い場所を好みます。

<シロタエギク>
日当たりがよく、水はけのよい場所が適しています。

因みに、2つとも暖かくなると花を咲かせます。
番外編 ※左より
雪が原因ではなく、今の所元気の無い花物もお知らせします。

<キンギョソウ>
葉は元気ですが、花は付かなくなってしまいました。

<アリサッム>
周りの草花達の陰になり、霜に当たってしまった様子。ただ、葉が元気な所がある為、また花を咲かせてくれるでしょう。

<マーガレット>
基本霜が苦手なので、室内か、戸外でも日当たりの良い場所で、霜よけ対策をすれば冬越しさせることが出来ます。
まだまだ寒いですが 、立春を過ぎると暦の上では春になります。
こまめに花がらを摘み、春には沢山の花を咲かせましょう。

一覧ページへ戻る

TOP