BLOG ブログ・コラム

2016.12.06壁の改修で温度差改善!

壁の改修で温度差改善!

室内の快適な温度は窓からだけではなく、壁からも逃げていることをご存知ですか?

壁も含めて部屋の断熱性を高めると、さらに冷暖房を効率よく使用することができ、
より一層の光熱費の削減が期待できます。

抜群の断熱性能を誇る断熱改修パネル「あったかべ」は
室外からの冷気をシャットアウトし、断熱効果で保温性がアップします。

部屋は暖かいのに、足元が寒くてつらい!


その原因は上下温度差にありました!

カンタンスピード施工だから、リフォーム費用を抑えられます。

「あったかべ」の総厚みはわずか24.5ミリ。
この厚みが「内貼り断熱工事」を実現し、室内側に断熱材を取り付けても大きくスペースを損なうことなく、お手軽な断熱工事を可能にしています。

工期が大幅に短縮でき、しかも廃材が少ないのでエコロジーでコストもお得。
簡単スピード施工が行えるので、住宅に暮らしたままでリフォームを行うことが可能です。



壁際からの冷気の侵入を防ぎます。

冬場に壁際が冷たく感じることはありませんか?

「あったかべ」は既存の壁に断熱パネルを貼るだけで、省エネ等級1ランク上相当(壁面)の効果が得られます。
改修前と改修後で体感温度は約4℃、表面温度が約6℃向上します。

暖房が早く効くようになり、暖房を切ってもあたたかさが長持ちします。

[Step-1] 下地補強桟木を柱や間柱に固定して取り付けます。
[Step-2] 断熱パネルを下地補強桟木や柱などにビスで固定します。
[Step-3] 同様の手順で取り付けていき、新しい巾木、回り縁を取り付けて最後にクロス等の仕上げ材を施工します。
WOODONE 断熱改修パネル『あったかべ』

【一例】
  6帖洋間内壁施工 下地補強材含む 
  標準工事費込参考価格 160,000円(税別)

  ※内装仕上げ工事は別途お見積り。      

一覧ページへ戻る

TOP