WORK 施工事例

2016.05.27南入り だけどプライバシーは守れる外構

<施工後>
機能とデザインを兼ね備えたクローズ外構
結城市 I様邸

<施工前>
■お客様のご要望■

ご新築外構工事。
建物の木目調に合わせたシンプルモダン風クローズ外構がご希望でした。
また道路からの目線が気になるのでなんとかして欲しいとの事。
機能面においては駐車スペースを常時止める2台分とゲスト用の1台を確保したいとご要望がありました。

<施工後>
■プランニング時のコンセプト■

南入りのお庭の場合、道路からの視線が気になります。どのようにプライベートを確保するかは大切なポイント。

アプローチ・お庭・駐車スペースとすべて南側になってしまう事からそれぞれがバラバラの印象にならないよう、白とごげ茶をメインのカラーとし建物との一体感を持たせました。

門周りには、外壁に合わせ、白色の塗り壁とこげ茶のアクセントを採用。
しくこくならないようにタイルとアルミ角材、異素材をバランスを考慮しながらの配置しました。


<門柱>

表札・ポスト側の門柱には、建物に合わせた白系の塗り壁とこげ茶のタイルでコーディネート。

インターホン側の門柱はあえてアルミのアクセントでシンプルなデザインに。
タイルと同じサイズの枠を造ることで統一感が生まれ、お庭の顔として建物をより引き立たせてくれます。

門扉は玄関ドアの雰囲気と合わせた、縦ラインが特徴的な門扉を採用しました。

<門廻り>

門柱と合わせた木目調のフェンスと塗り壁を採用し、統一感を持たせました。

また重厚感のある門柱と門廻りの継ぎにスリットで隙間感を持たせ、重くなりすぎないよう調整。
スリットから見える植栽が、さらに印象を柔らかくれています。
<アプローチ>

駐車スペースとのメリハリをつける為に、
コンクリートと芝生をテンポよく配置。
見た目を楽しむだけでなく、門までの動線を意識させます。

メインとなる玄関・門周り付近は、玄関ポーチと同じタイルを使用したいとのご希望もあり、建物の雰囲気に合わせた白系のタイルを採用しました。

<ガーデンルーム>

道路からリビングが丸見えになってしまうので目隠しがしたいとのご要望がありました。

ご提案したのはミッドテリア空間としても心地よく過ごせる、
「LIXIL ココマ L字腰壁タイプ」。
建物とファサードを白色とこげ茶のカラーで統一することで、建物の一部として庭にとけ込み「ウチ」も「ソト」も楽しめる憩の空間になりました。
<ガーデンルーム>

オプションで内部日除けを設置。

降り注ぐ太陽の日差しが時には暑いと感じますが、そんなときには「内部日除け」を広げれば
屋根からの光を遮り、ココマ内・リビング内の気温を調節してくれます。
いつでもゆったり自分時間を過ごして自然を楽しめる穏やかなラウンジ空間です。
<駐車スペース>

常駐2台分の駐車スペースにはアップゲートを設置し、愛車をしっかりガード。

急なお客様ご訪問時も、門前に駐車スペースを確保したので安心してお招きできます。
<記念の手形>

門柱の裏には、新築の記念にご家族皆さんの手形をかたどりました。
<提案時CAD図面>

TOP