WORK 施工事例

2018.05.03『二世帯を繋ぐテラス囲い』

「便利」と「快適」をもたらす屋内通路

古河市 N様邸
<施工前>
■お客様のご要望■

お客様の住宅の隣に、息子さん家族の家を新築しました。

お孫さんのお世話等で行き来することも多く、その度一旦外に出て回り込みをしていました。
雨の日でも不自由なく行き来したいとの事で、屋内として使える通路が欲しいとご相談を受けました。

そのご要望より、屋内スペースを物干し場としても有効活用したい。
また、息子さん宅の和室から縁台としても使用出来るようにしたいという希望に広がりました。
<施工後>
■プランニング時のコンセプト■

増築という大掛かりなものではなく、物干し場を兼ねた囲われた通路という事で、テラス囲いをご提案。
両家の立地・軒の形状・勝手口の位置・高さ等、あらゆる条件から検討した結果でした。
<テラス囲い>

三協アルミ 晴れもようⅢ特注品

様々なバリエーションに対応出来る特注品を選択。
屋根形状から息子さん宅をメインに、軒が低い親御さん宅へ屋根勾配を設計。
通常は正面の窓ユニットが入る所に、住宅を接続させ、雨風を防げる通路が完成しました。

<縁台>

YKKap リウッドデッキ200

白い住宅に合う、一番明るい色の「ホワイトブラウン」を選択。
住宅同士が並行ではなく、高さに差もある為、違和感無く見えるように仕上げました。

TOP